平塚・厚木近隣の訪問マッサージ・鍼灸は治療院こころへ

湘南・県央地区(平塚・厚木等)の訪問マッサージ・鍼灸は治療院こころへ

腰痛について

平塚市の訪問マッサージ・鍼灸は治療院 こころ

平塚市の訪問マッサージ・鍼灸は治療院 こころ
【所在地】 神奈川県平塚市田村6-3-20
【TEL】 0120-556-597
【受付時間】 9:00~21:30
【休診日】 日曜日・祝祭日
治療院 こころ HOME >  身体のあれこれ  > 腰痛について

腰痛について

腰痛の原因

  • S字カーブが歪むと腰に負担がかかる

    対象となる方

    腰痛の原因としては、主に、姿勢の悪さや不適切な日常の生活動作習慣などがあります。
    人の脊椎は、S字にカーブしており、それによって運動機能を保っています。
    脊椎の自然なS字カーブ(=生理的彎曲)を常に保つことが根本的治療法であり、また予防法でもあります。

生活の中の動作としては下記のようなものがあります。
●悪い姿勢を長い時間していて起こる、筋肉疲労による腰痛。
●きつい下着や肥満などによる血行障害による腰痛。
●重いものを持とうとすることで起こるギックリ腰。
など生活習慣や老化などが腰痛を発症する要因にもなります。

腰痛の具体的発症要因

  • 腰痛症

    対象となる方

    腰を前に曲げると痛みが増し、反る場合には痛みはあまり無いというのがこの症状のパターンです。
    長時間の前屈みや姿勢の悪い座り方などでこの症状が起こることが多いです。

    これは医学的に明確な原因の解明ができていないので、人それぞれ症状の改善方法は異なることがあります。
    ただし、一つ言えることは、日常生活の中での動作において、正常な脊椎のS字カーブを正常に保つようにすることが大切です。

日常生活での予防・改善するポイント

  • よい姿勢を保つ

    対象となる方

    脊椎の自然なS字カープを保つことが腰に余分な負担をかけないことになります。

    立ち方、座り方に注意して良い姿勢を保ちましょう。

  • ひざ関節や股関節を使う

    対象となる方

    中腰や腰の部分で曲げることにならないようひざや股関節をうまく使いましょう。
    股関節などが硬いと腰に負担がかかってしまうので、ある程度の柔軟性を保つことが必要です。

  • 腕の力だけで物を持ち上げない

    対象となる方

    物を体に近づけ、ひざを曲げてしゃがみ込むように腰を落とし、腹筋・背筋に力を入れて腹腔内圧を高めて、ひざと股関節を利用してゆっくりとへその下まで持ち上げます。腰を曲げて腕の力だけで持ち上げてはいけません。ギックリ腰予防になります。

  • 腹筋や背筋を強くして背骨を支える

    対象となる方

    良い姿勢を維持し腹筋・背筋に適度な緊張を保って、腹筋に力を入れて腹腔内圧を高めて背骨を支えます。

    軽いウォーキングなどの運動やストレッチで筋力の維持・アップを。

    注) 「筋トレの奨励」ではありません。むやみに筋トレなどをすると首などを痛めたりかえって状況を悪くすることも。

  • 腰をひねったままで動作しない・同じ姿勢を長時間続けない

    対象となる方

    腰をひねったまま腰を前や後ろに強く曲げないようにしましょう。
    また、たとえ良い姿勢でも長時間続けることは負担になります。
    ときどきストレッチするなど同じ姿勢を長時間続けないことです。

その他、腰痛に関わるお役立ち情報

  • お酒と腰痛

    対象となる方

    このタイトルを見て「ん??」と思った方も多いと思います。
    お酒と腰痛って関係あるの??
    実はあるのです。医学的に関係性が指摘されているのです。

    人は食事をすることで、すい臓で作られた膵液(消化酵素)がたんぱく質や脂肪などを分解して栄養素を取り出すのです。
    その膵液(消化酵素)が出てくる膵管が炎症を起こしてしまうことがあります。
    するとすい臓を溶かしてしまい、腰痛に繋がるということです。

    詳しく知りたい方は、お問い合わせ下さい。